貧乏・家庭ドロドロ・容姿コンプレックス・・なにより自分が大嫌い。そんな私が自分を好きになれたのは「自分を大切にすること」を意識したから

ロータスフラワー札幌「YUKAの自分を大切にするヨガ」

ヨガと健康

ヨガをするようになって生理痛が改善された話

投稿日:

2014年11月に書いた記事を引っ越し&リライト

 

皆さまは、生理痛はありますか?

 

わたしは、ヨガを始める前は

生理痛が結構ある方でした。

 

それがヨガをするようになって

ほとんど無くなりました☆(*^^*)

(わたし個人の感想です。)

 

 

生理痛のタイプも、様々ですが

中でも冷え性タイプが一番多いと言われているそうです。

 

生理痛でない方も、寒くなってくると

【手足が冷たくなる・・】

【足先が冷たくなって眠れない・・】

というお話も。

 

冷え性になる原因は色々ですが

運動不足、甘いものをたくさん摂る、食べ過ぎ、クーラーなどの冷え、冷たい飲み物をよく飲む、薄着など・・

 

また、婦人病の大きな原因は「血液の滞り」と言われていますが

下半身が冷えているために、子宮周辺の血液循環が悪く、悪い血液がうっ血してしまっている状態です。

 

 

冷え性になると血流が滞り、血液中の酸素や栄養が全身に行き渡らなくなります。

 

また女性の骨盤には、内臓の他に子宮などの女性器が加わりますので

その分、圧迫されて血液の循環が悪くなりやすいのです。

そのことから、子宮や卵巣を含めた内蔵の働きが低下します。

 

子宮が機能低下するとホルモンが過剰に分泌されたり、

老廃物が溜まるので生理が起こる時に
一生懸命外にだす事から痛みが出るそうです。

 

子宮は心臓から離れていて、足は冷えやすい場所なので

足で冷やされた血液が、もろに戻ってくる場所なのです。

 

だから、血流が悪くなって

ドロドロの血液がたまっていってしまう場所・・

するとさらに血流が悪くなる悪循環。

 

カンジタ膣炎などは

下半身の冷えが原因で、カラダ全体の免疫力が落ちているからです。

その度に薬で菌を殺しても、また再発してしまいます。

繰り返すことの、薬の副作用も怖いですよね。

 

 

『冷えは万病のもと』というように

なるべく冷えをとってあげたいですよね。

 

冷え性からくるのは生理痛だけではなく

生理不順や婦人科の病気を招く事もあります。

 

生理痛が激しくなってきているようでしたら、病院で一度診察をしてもらうのが良いかもしれません。

また冷え性を解消するように心がける事が大切です。

冷え性を治す方法として一番はやはり
「冷やさない事」でしょうか

外側からも、内側からもですね

 

・暖かい飲み物を飲むようにする

・腹巻などで腰周りを暖める

・お風呂ではシャワーで済ませず、湯船に浸かる

 

すべての女性にはもちろん

これから出産を望んでいる方

妊活をしている方は、なおさら

『子宮や骨盤周りの冷えを解消する』ことを意識してみてくださいねニコニコ

 

お腹だけではなく、足を温めるのも忘れずに・・

(足で冷やされた血液が戻る時に、子宮が冷やされてしまうので。)

 

・足の筋肉を刺激する
(足のマッサージや、筋肉を使う)

・呼吸と、ゆったりとした身体の動きで
全身の血の巡りを良くする

・股関節周りや骨盤周りを動かし
骨盤周りの血流が良くなる

 

この条件を兼ねているから、ヨガをして

生理痛がなくなったのかしらニコニコと思いました。

(またまた、わたし個人の感想です。)

 

 

どうぞご自愛くださいませ(*^^*)

最後までお読み頂き、ありがとうございましたニコニコ

-ヨガと健康
-,

Copyright© ロータスフラワー札幌「YUKAの自分を大切にするヨガ」 , 2021 All Rights Reserved.