プロフィール

ロータスフラワー【自分色の花を咲かせよう】

小林 佑果(こばやし ゆか)

自分を大切にすることを伝えている

小林佑果です。

**************

北海道にて

1983年3月8日20時49分

3720グラムの小さな巨人、佑果が誕生する。

小さな頃は恥ずかしがり屋で、親の後ろに隠れてしまうような、シャイガールだったそう。

思春期は、ドロドロな家庭環境や

周りからの言葉で、自己否定の塊でした。

ダサくて、おブスな自分が大嫌いで

自分に自信もなく

周りから、傷つくことを言われても、

ただ笑ってごまかしていた。

『私が我慢すれば良いんだ・・』

と、我慢や抑圧をしすぎて

【自分がどう感じているか】にすら

気づけなくなっていた。

自分を全然

大切に出来ていなかった。

(上の写真は、家庭環境も心の中も
ドロドロだった高校生の頃)

***********

そんな佑果も、高校を卒業して

親元を離れ、札幌にてバスガイドになる。

基本シャイガールな佑果であるが、マイクを

持つと、エンターテイナー魂が開花した。

その後、ホットヨガスタジオでのヨガインストラクター、マッサージセラピストを経て

心と身体を通して、自分自身を大切にする

『自分を大切にするヨガ』を伝えています。

泥の中からでもキレイな花を咲かせる

蓮の花のように・・

自分の泥の部分も

大切にしよう!そんな想いから

【ロータスフラワー(蓮の花)】

という名前で活動しています。

昔の私は

自分の容姿も性格も大嫌い!

心の中もド~ロドロ。

『でも、このまま

自分を嫌いなまま、終わりたくない!』

『自分自身を諦めたくない!』

『変わりたい!』

『そうだ、これからは

どんな自分も大切にしよう

人に愛されるのを待つ前に、

まずは、自分で自分を愛そう!!』

**************

ヨガやカラーセラピーなどで

自分自身と向き合うことで

今まで我慢をしたり

の声を無視して

無理をしていた自分に気づきました。

自分の感じた気持ちを大切にする・・

それは、私にとって

自分を大切にしていくことでした。

一歩一歩・・少しずつ・・

自分と向き合っていった結果

人生が変わりました。

「整形した!?」とよく言われるほど、

外見が変わった。笑

そして、内面も変わった。

内面と向き合うことで、思いこみの癖に気づき、

考え方が変わり、生き方が変わった。

今では、自分が好き

愛している。

自分に対しての想いも変わるにつれて

人間関係なども変わっていった。

昔、自分自身もドロドロとした時期を

過ごしていたからこそ

伝えられることがあるんじゃないか・・

昔の自分のように

「自分を好きになれない」

「自己否定をしてしまう」

「自信がない」

そのような方が、そのままの自分を愛せるようになる、お手伝いを出来たら・・

私の今までの経験を活かしていけたら・・

との想いで、活動や発信をしています。

自分じゃない

誰かのようになろうとしなくて良い

そのままの自分を大切にして

自分色の花を咲かせよう♡

【ロータスフラワー 】小林佑果

最後まで

お読み頂きありがとうございました!

小林佑果とは、どんな人?
宜しければ、過去の記事をご覧ください。
・ドロドロ時代のはなし

わたしのこと 時々オカン

・ドロドロ時期から、本来の自分を取り戻していくまでにしたこと

貧乏な子供時代から、自分を認めていくまで~兄とわたし~

・セルフイメージ(自分に対しての想いや、定義)を変える為にしたこと
・過去の経験・感情と思考パターン 『佑果の昔の恋愛パターンは○○だった』 その思考パターンはいつ出来たの?
・今見ている現実は、自分の内面の投影 『ガラスのハートだった佑果 』 人の言葉で傷つく時~自分で自分を責めてない?~
【自分の望んでいることを明確にする】って大切だなぁと感じた話 【カラーセラピー】恋愛でいつも上手くいかなかった私が・・

・インド中央政府公認ヨガインストラクター

・リストラティブヨガ 指導者養成講座 修了

・骨盤ヨガ 指導者養成講座 修了

・タイ国文部省認定 ロイクロタイ古式マッサージ アドバンスコース修了

・TCマスターカラーセラピスト

・ワンセルフカード 上級認定セラピスト

投稿日:

Copyright© ロータスフラワー札幌「自分を大切にするヨガ」 , 2020 All Rights Reserved.